株式会社那智黒総本舗
店長のおすすめ商品
鮪せんべい
「勝浦まぐろ」「紀州南高梅」「那智黒黒糖」が合わさったおせんべいです
人気ランキング
第一位
第二位
第三位
コクのある黒糖の甘みがクセになる「特製黒糖かりんと」は南紀限定!
1万円以上のご購入で代引手数料、送料が無料。一部地域除く。
5250円以上のご購入で代引手数料無料
那智黒製品の販売店一覧
商品カタログ申込み
思い出のCM
那智四十八滝を紹介しています。
今月の滝は?

メール返信定休日

◆2017年11月◆
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
             
※赤がメール返信定休日

リンクはご自由にどうぞ。
バナーが必要でしたら、こちらをご利用ください。

本社工場の外観画像
株式会社那智黒総本舗
〒649-5172
和歌山県東牟婁郡太地町森浦438
Tel.0735-59-3900
Fax.0735-59-3005

2004年、世界遺産として登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」。
紀伊山地は、神世の時代から、神々の集まる神聖な地域として考えられていました。後に中国から伝来した「仏教」や山岳信仰が結びつき、神仏の霊場として信仰されるようになります。 なかでも熊野本宮・熊野速玉・熊野那智を「熊野三山」と呼び、これらの神仏のもとに詣でれば過ちや病気、悩み苦しみが浄化されると信じられていました。 平安時代には、険しい山中をまるで「蟻の行列」のように多くの人々が訪れ、「蟻の熊野詣」という言葉が生まれました。

特に「熊野三山」の一つ「那智」は、1300年前から滝行が行われていたと伝えられています。以降も熊野修験の中心として、那智山の四十八滝を巡る修行 「那智四十八滝回峰寒行」が行われてきました。
一般にはこの「那智四十八滝」のうち、一の滝(いわゆる那智の滝:世界遺産)・二の滝・三の滝が有名です。 しかしこれ以外の滝は、一般の参詣者が目にする機会はほとんどなく、その存在すら知らない方も多いのではないでしょうか。
そこで、この「那智四十八滝」を撮影した写真を、毎月4枚づつ1年をかけてご紹介して参りたいと思います。
しかしながら、「那智四十八滝」は現在も「寒行」の場とされる神聖な滝です。私たちはこれらの滝に大勢の人々が訪れることを望みません。また、これらの滝は「那智原始林(世界遺産)」に点在し、気軽に訪れることのできる場所にはありません。安易に滝を訪れ、事故が起こることを未然に防ぐためにも、「那智四十八滝」の所在地をホームページ上で公開することは控えさせて頂きます。また、所在地に関するお問い合せ等にもお答えできかねますので、どうぞご了承下さい。
後世に残すべき遺産として、「那智四十八滝」を守り続けていきたいと思っております。
どうか皆様のご理解とご協力をお願い致します。


1.一の滝

2.そい

3.はつい

4.うみやめ

5.とみほす

6.二の滝

7.三の滝

8.ちちり

9.くにつ

10.なかつ

11.あまつ

12.きた

13.たすき

14.ほとおり

15.なめら

16.かなやま

17.やつはめ

18.すぞり

19.くくぬち

20.からすき

21.おおひるめ

22.とまめ

23.べむ

24.とりき

25.たたら

26.えきに

27.しゅばる

28.ありけ

29.とろき

30.かぐつち

31.たま

32.いなみ

33.うるき

34.ひつき

35.みつ

36.みなみ

37.なかご

38.うしたれ

39.やみ

40.ふりちり

41.しゅぽし

42.とみ

43.みつかけ

44.はにやす

45.まつう

46.つきよみ

47.てりこ

48.ないじん